フィリピンの刺繍ショール  ピーニャ生地にカラド刺繍を施したショール A

フィリピンの刺繍ショール  ピーニャ生地にカラド刺繍を施したショール A

幅76cm  長さ200cm
素材  ピーニャ
刺繍糸 シルク

ピーニャとはパイナップルの繊維を織った生地です。ごく薄く、羽のように軽く繊細なため、フィリピンでは伝統的にこの繊細な繊維を強くするためにカラドという刺繍をほどこしてきました。

今ではピーニャの織手も少なくなり、またカラド刺繍をする職人も減り、大変稀少な工芸品になっています。
現代のフィリピンではやパーティドレスとして、ピーニャ生地にカラド刺繍を施したものが作られるなど、特別な機会にまとうものとして受け継がれています。

今回、フィリピンでオートクチュールドレスを代々製作する工房で、全面にカラド刺繡を施したショールを作ってもらいました。
職人さんが一針一針刺繍をほどこしていくので、1枚のショールの製作には数か月かかります。
羽のように軽いですが、その存在感は素晴らしく、他方で洋服にも和服にも自然となじんで装いを引き立ててくれるショールです。

ピーニャ生地に張りをもたせるために糊がついていますが、このまま着用いただけます。
使用するうちに少しずつ柔らかくなります。

お手入れはクリーニングをお勧めします。







販売価格 75,000円(内税)
SOLD OUT

Calendar

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
土曜日、日曜日、祝日はお問い合わせの返信が遅れる場合がございます。
Top